ジムブレーンについて

沿

昭和4年
1929年

11月10日

岐阜市神田町6丁目1番地において、謄写用品販売店『家田謄写堂』として創業。
創業者:代表取締役社長 家田 和夫

昭和20年
1945年

7月9日

岐阜市の大空襲で被災し、岐阜市加納大黒町に移転仮営業。

昭和22年
1947年

1月20日

岐阜市神田町1丁目2番地に移転。本格的に営業を再開。                    

昭和44年
1969年

1月1日

本社ビル完成。営業品目も、事務機・教育機器に発展。代表取締役交代。
代表取締役社長 児山 昭三

昭和47年
1972年

12月18日

法人成りし、商号を『株式会社ジムブレーン』に改正。

昭和48年
1973年

1月1日

駐車スペース確保のため、岐阜市藪田(岐阜県庁前)に本社ビルを転移。

昭和60年
1985年

4月1日

設置機械増加に伴うサポート体制強化のため、可児市に可茂営業所を開設。

平成元年
1989年

11月1日

高山市に高山営業所を開設。

               

平成14年
2002年

12月1日

本社屋の事務所・倉庫・修理室を増築し、ショールームを新設。

平成15年
2003年

12月8日

ISO14001環境マネジメントシステムを、本社・可茂営業所・高山営業所を同時に認証取得。

平成17年
2005年

8月1日

第一期5カ年計画の策定。

平成18年
2006年

7月18日

代表取締役の交代。
取締役会長 児山 昭三(旧代表取締役)・代表取締役 児山 丈夫(旧専務取締役) 就任

平成21年
2009年

8月1日

設置機械増加に伴うサポート体制強化のため、飛騨営業所を開設。

平成22年
2010年

8月1日

第二期5カ年計画の策定。

平成24年
2012年

8月1日

ISO14001取得を返上し、ジムブレーン独自の環境マネジメントシステム運用を開始。

平成26年
2014年

8月10日

取締役会長 児山 昭三(86歳)逝去。

平成27年
2015年

8月1日

第三期5カ年計画の策定。

平成29年
2017年

6月1日

代表取締役の交代。
代表取締役社長 栗本 真治(旧常務取締役) 就任

平成29年
2017年

8月10日

取締役の就任。
取締役 鈴木 悠允 就任

平成30年
2018年

8月1日

設置機器増加に伴うサポート体制強化のため、大垣市にマーケティング戦略室、西濃支店、大垣物流センター開設。それに伴い各営業所の名称を、本社・岐阜支店、東美濃支店(旧可茂営業所)、飛騨支店(旧高山営業所)、古川営業所(旧飛騨営業所)へと変更。

令和元年
2019年

11月

創業90周年を迎える。

令和2年
2020年

1月29日

ドキュメントサービスを強化するために富士ゼロックス岐阜と販売店契約を締結。

令和2年
2020年

2月14・15日

創業90周年を記念し、長良川国際会議場で記念展示会を開催。

令和2年
2020年

4月16日

エプソン・お便り支援ソフト『CoCo-Creator』の販売を開始。

令和2年
2020年

8月1日

第四期5カ年計画の策定。

令和3年
2021年

7月1日

岐阜県ワークライフバランス推進企業に登録。

令和3年
2021年

12月15日

大日本印刷・DNP学びのプラットフォーム『Realtendant🄬』の販売を開始。

令和4年
2022年

6月2日

古川営業所を飛騨市古川町上町へ移転。

令和5年
2023年

1月1日

国連が提唱する『持続可能な開発目標(SDGs)』に賛同し、SDGs達成に向けた取り組みを開始。

令和5年
2023年

2月10日

エプソン・A3カラーラインインクジェット複合機『WorkForce Enterprise LMシリーズ』の販売を開始。

令和5年
2023年

2月10日

子ども共育及び女性活躍に関する取組みを積極的に行っている企業として、『ぎふし共育・女性活躍企業』に認定。

令和6年
2024年

1月24日

組織における情報資産のセキュリティ管理を強化するために、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得。

令和6年
2024年

6月21日

株式会社タカミ(愛知県名古屋市昭和区福江3丁目4番18号)が販売(賃貸含む)および保守契約・カウント契約しているすべての機器・商材について、株式会社タカミと事業承継することを内容とする契約を締結し、株式会社タカミをジムブレーン名古屋支店と変更して事業を開始。